« ギャングスター・ナンバー1 | トップページ | RATM »

夢の話

昨日見た夢が怖すぎたんで書きます。

僕は車でよく使う片側2車線の幹線道路を走ってました。

信号がないところで人が道路を横切ろうと少し歩道から乗り出してくるのです。

危ないなあ、と思っていると同じような人が何人もいるんです。

たいがいの人は3、4人で一組になっていました。

顔を見るとみんな楽しそうに笑っていました。

なんなんだこの人らは、と怖くなっていると、その人たちがバラバラと車道に走っている車めがけて飛び込んできたんです。

当然ほとんどの人は車に轢かれてしまいました。

でも次々と人が車めがけて飛び込んでこます。

僕は怖くなって轢かれた人や飛び込んでくる人たちを避けながら猛スピードで先を急ぎました。

でも先に行けば行くほど同じことが多く起きていたようで、車道の上に倒れた人が増えて行きます。

ついに山のように積み重なった人で車を前に進めることが出来なくなりました。

ふと上を見ると空が人で埋め尽くされてました。

終わり。

|

« ギャングスター・ナンバー1 | トップページ | RATM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/222715/10291086

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の話:

« ギャングスター・ナンバー1 | トップページ | RATM »