« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

このモヤモヤ

追試やでという発表のみでどの科目が該当しているかはまだ未発表。

モヤモヤ。

全教科と1教科では大分違う。

でも月曜までは分からん。

しゃーない。

ということで合コン。

ベロベロになってよく覚えてないけど楽しかったはず。

翌朝もまだ吐いてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

審判の日

ここ一週間で映画2本観ました。

「男塾」と「アメリカンギャングスター」。

両方まあおもしろかったけど心に響きませんでした。

でもそれはボクの心のせいだと思います。

あと京都に小旅行に行きました。

二条城はよかったです。

譜代大名っていう言葉を久しぶりに聞きました。

さっき特別補講対象者に指名されました。

学力確認テストを受けなければなりません。

平たく言えば追試です。

地獄です。

こんなところで夢が終わるのはイヤ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RATM

昨日、RageAgainstTheMachineの再結成ライブを見てきました。

ゴリラと一緒に行きました。

大阪城ホールでした。

行きの電車の中で向かいの冴えないおじさんのジャケットの隙間から胸に赤い星のデザインが見えました。

大阪とRATMは合うね。

会場前の空き缶集めのおじさんに、

「今日はアメリカの音楽か?」

と聞かれました。

資本主義の矛盾を感じました。

9000円払えるやつだけがRATMのライブを聞いて、おじさんは多分一生RATMに出会いません。

それはさておき会場へ。

入り口でオバハンの卵が切れてました。

ペットボトル持込禁止って急に言うっちゅうことは全部今飲み干せっちゅうことか、というのが彼女の主張の趣旨でした。

違うよ、ペットボトル持込禁止っていうことに今更気づいて逆切れしとるあんたがオバハンの卵やっていうのがスタッフの気持ちですよ。

それはさておき中へ。

ビール飲みすぎて始まるまでに2回トイレ。

さていよいよスタート。

東京公演がまだなので詳細は避けますが、結論は最高。

特に最初から10曲ちょいは鳥肌モンでした。

当分の間僕はRATMに支配されるでしょう。

帰りはやぐら茶屋でウキウキトーキン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の話

昨日見た夢が怖すぎたんで書きます。

僕は車でよく使う片側2車線の幹線道路を走ってました。

信号がないところで人が道路を横切ろうと少し歩道から乗り出してくるのです。

危ないなあ、と思っていると同じような人が何人もいるんです。

たいがいの人は3、4人で一組になっていました。

顔を見るとみんな楽しそうに笑っていました。

なんなんだこの人らは、と怖くなっていると、その人たちがバラバラと車道に走っている車めがけて飛び込んできたんです。

当然ほとんどの人は車に轢かれてしまいました。

でも次々と人が車めがけて飛び込んでこます。

僕は怖くなって轢かれた人や飛び込んでくる人たちを避けながら猛スピードで先を急ぎました。

でも先に行けば行くほど同じことが多く起きていたようで、車道の上に倒れた人が増えて行きます。

ついに山のように積み重なった人で車を前に進めることが出来なくなりました。

ふと上を見ると空が人で埋め尽くされてました。

終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャングスター・ナンバー1

ロト6で千円当たったんでスクラッチに全部注ぎ込んで見事に全部外れました。

世の中にはお金を捨てるドブが一杯ありますね。

DVD鑑賞。

「ギャングスター・ナンバー1」。

A+。

おもしろかった。

でもギャングにはならんとこ。

もう2つ寝るとRageAgainstTheMachineのライブです。

予習中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修正

8時半起き成功!

朝風呂浴びてきました。

昨日はというとなんと夕方5時起き。

この生活態度で人生の扉が閉じた人を何人か見てきたんでドン引き。

ドン引きしつつキムチ鍋。

うまい。

勉強して就寝。

さすがに5時起きやから一日が短い。

人生24時間論によると51歳までなんもせんかったてことやからね。

今日はがんばるよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーハンでも食うかと思ってたけど鍋。

どうしても鍋が食いたくなって。

しゃーないし一人で食うかと思ってたら結果4人。

友達っていいね。

寒い日に鍋はいいに決まっとる。

たまらん。

安い。

牡蠣うまい。

キムチなべ。

ベストキッドが全シリーズ貸し出し中やった。

不朽の名作やね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »